クレジットカード おすすめ

おすすめクレジットカード選び!

クレジットカードの裏ワザ

当サイトでは、おすすめクレジットカードをランキングで紹介しています。クレジットカードを初めて作る方や、すでに持っているクレジットカードをより、自分のライフスタイルに合わせた還元率の高いクレジットカードに見直しをする事で今よりも得する事ができます。

 

クレジットカードを選ぶ時もっとも比較が簡単でオーソドックスなのがポイント還元率です。
ポイント還元率とは、利用した金額にお応じて利用者に還元されるポイントの事を言います。
還元率は利用するクレジットカードによって異なります。還元率の高いクレジットカードを上手に利用するとポイントはどんどんたまっていきます。

 

ポイント還元率の計算方法

 

クレジットカード還元率の計算方法は10,000円クレジットカードを利用して、100円戻ってくる場合の還元率の計算方法はこのようになります。【100÷10,000=1.0%】10,000円利用して還元が200円の場合、【200÷10,000=2.0%】となります。

 

>>クレジットカードおすすめ|究極のクレジットカードはこれだ!<<

クレジットカードおすすめNo.1 【楽天クレジットカード】

通常1%の還元に加えて楽天感謝デー3%、ガソリンの利用にも2%の高還元率!

 

  楽天クレジットカード
おすすめクレジットカード【楽天カード】
高還元率が人気の「8秒に一人申込」するクレジットカード!

 

年会費永年無料

ポイント還元率は楽天以外の利用でも1%

毎週土曜日にポイント2倍

 

入会キャンペーン中!5000ポイントプレゼント!

 

◎→楽天クレジットの詳細はこちら

国際ブランド 還元率 年会費
   1.0% 無料

楽天クレジットカードの詳細はこちら

クレジットカードおすすめNo.2 【三井住友VISAカードクラシック】

インターネットからの申込の場合、初年度年会費無料

 

  三井住友VISAカードクラシック
おすすめクレジットカード【三井住友VISAカードクラシック】
安心感と人気のある三井住友VISAカードブランド

 

国内で2000万にが利用する定番クレジットカード

年会費は条件付きで翌年も無料にできます!

ETCやWAON・iDeに対応。

 

ネット入会で5000円分のギフトカードをプレゼント!

 

◎→三井住友VISAカードクラシックの詳細はこちら

国際ブランド 還元率 年会費
0.5% 初年度無料(税抜1,250円+税)

三井住友VISAカードクラシックの詳細はこちら

注目のおすすめのクレジットカード特集

年会費無料で使えるクレジットカード

イオンカード

毎月20日・30日はイオンでのお買い物は5%OFF!年会費無料で利用できるおすすめのクレジットカード!最大3,000円分のポイントプレゼント!

≫詳細ページ

リクルートカード

旅行好きにおすすめの年会費無料のクレジットカード、じゃらんでの還元は3.2%の高還元率!通常還元率も1.2%!7,000円分のポイントプレゼント!

≫詳細ページ

REX CARD Lite

ランキングにランクインしてるREXCARDの年会費無料版、無料でも還元率は1.25%と高いおすすめのクレジットカード!どこで利用してもポイントがもらえます!

≫詳細ページ

セゾンカードインターナショナル

永久不滅ポイントで有名なクレジットカードです。カード申込時に同時にETCカードを作成で初期設定費用・年会費、無料の家庭にはうれしいクレカです!

≫詳細ページ

年会費無料でおすすめクレジット特集

おすすめの1枚【ゴールドカード】

憧れのゴールドカード!

ANAアメリカン・エキスプレス(R)・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス(R)・ゴールド・カード

ご入会+2ヶ月間のご利用で合計34,500マイルな入会特典あり!

 

年会費:31,000円+税

≫詳細ページ

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾン

入会で2,000円相当のアマゾンギフトをプレゼント!

 

年会費:10,000円+税

≫詳細ページ

ゴールドカードの特集

私のおすすめクレジットカード

楽天クレジットカードの口コミ

26歳 / 女性

楽天クレジットカードがおすすめ!
評価 

 

 

私が、楽天カードJCBを選んだ理由は、楽天市場での買い物を頻繁にするため「代引き手数料の節約ができるし、振り込みの手間が省ける」と思ったことと、ネットで検索した「専業主婦でも審査が通りやすいクレジットカード」として名前が挙がっていたためです。私は数年前、携帯電話端末の分割払いをしていたのですが、うっかり利用料金の振り込みを忘れたため信用情報が傷ついたようで、クレジットカードの審査に通らなかった時期があるのです。実際に楽天カードの申し込みをしてみると、審査に通ることができました。信用情報に傷がついてから時間が経過したからか、通りやすい審査だからかは不明ですが、主婦でもカードを持つことができました。特に他のカードと特典の違いをよく確認して申し込んだわけではありませんが、実際に使ってみると非常にお得なカードだと感じました。入会時に5000ポイントが取得できますし、楽天市場での買い物なら常にポイントが2倍になるため、日用品でも価格が店頭と変わらないものはなるべく楽天で購入して、浮いた分を家計の足しにできました。また、金額的には節約の難しい公共料金や携帯代、年金、NHK受信料などの固定費もカード払いに変更することでポイントが取得でき、間接的に節約につながっているので助かります。また、これは楽天JCBのみの裏技なのですが、楽天JCBカードからセブンイレブンのナナコカードにチャージし、そのナナコカードで公共料金を支払うことができます。チャージ時にクレジットカードのポイントがつくので、これも間接的にポイント分、得できるというわけです。フル活用できるカードなので、作ってよかったと思っています。

 

楽天クレジットカードの他のクチコミも読む

 

ANAアメリカンエキスプレスの口コミ

23歳 / 男性

ANAアメリカンエキスプレスがおすすめです。
評価 

 

 

年会費が高いものの、一種のステータス表示になるという話を学生時代から聞いていたので、注目していました。就職が決まって、大学4年の冬くらいにダイレクトメールがアメリカンエキスプレスから届き、年会費1年間無料というキャンペーンをやっているとのことで、入会しました。入会してから2年経ちましたが、いまもメインカードとして使っています。その理由としては3つあります。一つ目は、ポイントがこまめにたまるという点です。他のカードの場合、1000円単位の利用でポイントがつくものがあったりしますが、アメックスの場合、100円で1ポイントなので、コンビニやスーパーでのちょっとした買い物にもカードで支払をすると、けっこう貯まっていきます。他にも、海外旅行の保障が強いということです。グリーンの場合は、そのカードで航空券やツアーを申し込んだ場合に保険が付帯されるため、これまで空港で保険に加入する費用や手間が省け、重宝しています。、JCBとの連携により、加盟店が国内ではかなり多く、だいたいどこでも会計に利用できる点も利用してみてよかったところです。一方で、ネガティブな点としては、海外旅行に強いと宣伝では言っているものの、実際海外に出てみると、加盟店が少なく、苦労する点です。海外ではVISAやMASTERが圧倒的にシェアが多く、アメックス一枚では到底安心できません。でも、高い年会費を払っていても十分活用できる一枚なので今後も利用していくつもりです。

 

ANAアメリカンエキスプレスの他のクチコミも読む

 

三井住友VISAカードの口コミ

45歳 / 男性

三井住友VISAカードはサポート面でおすすめ
評価 

 

 

私は三井住友VISAカードを20年以上使っています。カードを作った理由は、海外出張で必要となったためです。当時はまだ、出張旅費としてトラベラーズチェックを会社からもらって出張していました。しかし、ホテルの宿泊時にデポジットとしてクレジットカードを求められるようになってきました。そう言うときに、すでに三井住友VISAカードを持っていた人が紹介キャンペーン中だから、と三井住友VISAカードを進めてくれ、そのカードを持つようになった、という流れです。今ではアメリカ出張時にはほぼ100%クレジットカード払いで、自動販売機やチップのために少し現金も持っていく、という感じです。クレジットカードで支払うと小銭を数える必要は無いし、小銭で財布が太ることもありません。でも、カードの不正使用にあったことが1度あり、カードを作り直しました。アメリカ出張に出発したその日に、ヨーロッパで鉄道料金を払っている、というものです。ネットで利用履歴をチェックしたときに気が付きました。そのときに三井住友VISAカードに電話してテキパキと対応してもらえたことで非常に高感度が上がりました。楽天カードと違って年会費をとられるし、ポイントの還元率も良くないですが、こういったサポートがしっかりしているので三井住友VISAカードを使い続けています。

 

三井住友VISAカードの他のクチコミも読む

 

 

お得なクレジットカードの選び方

クレジットカードを作る際に一番重点を置きたいのが「持っていてメリットのあるカードかどうか」ということだ。

 

以下3つの観点からクレジットカードを比較してみたい。クレジットカードの財テクは年々変わっていく傾向にあり新しいく取り入れられるものや情報をGETする事でかなり得をすることができます。

 

1.ポイント還元率

一般的にクレジットカードには、支払いに応じてポイント還元機能が付いていることが多いが、その「ポイント」がどこでも使えるポイントか否かが大きなカギとなる。決まった店でしか使えないポイントで、なおかつその店を利用する頻度が低い場合、「今度行ったときにポイント使おう」とついそのままにしておき、挙句失効してしまい非常にもったいないことになりかねない。ポイントに重点を置く場合、「どこの店で使えるポイントか」「その店の利用頻度はどのくらいか」をしっかり整理したい。

 

2.電子マネー機能

SuicaやiDといった電子マネーが搭載されているカードがある。特にクレジットカードについているSuicaはオートチャージ機能が利用できるため、いちいちチャージする手間も省けて大変便利である。iDも同様にいわゆる「おさいふケータイ」を使うことができないiPhoneユーザーにとって、コンビニなどでちょっとした買い物をする際に便利である。こういった、+αの付加価値として電子マネー機能付きクレジットカードを選んでみてもいいだろう。

 

3.年会費の有無

これは場合によってはあまり気にする必要はない。実は、ほとんどのカードは一定の金額を利用すれば年会費が免除されるからである。また年会費が固定で必要なカードは、その分魅力的なサービスが受けられたりするので、対価を払う価値は十分にあるだろう。

 

工夫すれば現金で支払うよりも得をすることが多いクレジットカード。
きちんと見極めて自分にあったものを選択したい。